銀行も納得!長期事業計画書の作成方法2(長期事業計画)

経営全般
スポンサーリンク

長期事業計画の様式

次のようなシートを使います。

上部の「事業計画(粗利益)」欄は、「事業計画(売上高)」としても良いです。
私は、売上高より粗利益を重視しているので、 「事業計画(粗利益)」としています。
スポンサーリンク

長期事業計画の記入方法

記入方法をシートの上から順番に見ていきましょう。

検討年月日

全てのシート共通ですが、後から見返した時に、いつ作成したのかがわかるので必ず記入します。
案外重要です。

基本方針

今後5年間の社長方針を3~5つ記入します。
社長の思いを書きましょう!

例えば
「5年後に粗利益(売上高)2億円を目指す。」
「5年後に営業所を10拠点に増やす。」
「新規事業を模索し、3年後に新規事業をスタートさせる。」

事業計画(粗利益)

事業ごとの粗利益(売上高)を記入します。
直前3期から直前期は、過去の決算書から転記します。
初年度から5年度は、運営基本計画(損益計算書)から転記します。
特記事項・備考欄は、適宜、補足事項を入力します。(空欄でも可)

利益計画

総売上高から経常利益まで全て、運営基本計画(損益計算書)から転記します。

損益分岐点

固定費 ÷ (1ー( 変動費 ÷ 売上高 ))で計算します。

  • 固定費 ・・・ 運営基本計画(損益計算書)の営業経費の計
           ※ 人件費+先行投資+償却費+一般経費+役員報酬
  • 変動費 ・・・ 運営基本計画(損益計算書)の売上原価
  • 売上高 ・・・ 運営基本計画(損益計算書)から引用

損益分岐点比率

損益分岐点 ÷ 売上高 で計算します。

  • 損益分岐点 ・・・ 前項で計算した数字
  • 売上高 ・・・ 運営基本計画(損益計算書)から引用

労働分配率

( 人件費 + 役員報酬 ) ÷ 粗利益 で計算します。

  • 人件費 ・・・ 運営基本計画(損益計算書)から引用
  • 役員報酬 ・・・ 運営基本計画(損益計算書)から引用
  • 粗利益 ・・・ 運営基本計画(損益計算書)から引用

期中平均社員数

人件費計画の期中平均社員数から転記します。

労働生産性

人件費計画の労働生産性から転記します。

資本政策

資本金を記入します。
増資・減資が無ければ、全て同じ数字になります。

長期事業計画のまとめ

このシートは、上段の基本方針を除き、全てが他のシートからの転記又は、転記した数字を用いた計算になります。
シートの作成順序も10枚中一番最後の10番目になりますが、数字を作る上で、基本方針は重要になります。
今後、会社をどうしていきたいのかを、じっくり考えなければキチンとした事業計画は作れません。
たった3~5行の基本方針ですが、しっかりと考えた上で、社長の思いを綴ってください。

金融機関や取引先に提出する場合、このシートが鏡になり、その一番上部書かれている基本方針は必ず目を通すところになるので、手を抜かずにしっかり記入してください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました