スポンサーリンク

オミクロン株が大流行しているので濃厚接触者の定義を整理!

その他

オミクロン株の大流行で、多くの企業で様々な影響が出ているかと思います。
その中でも、PCR検査陽性者が出てしまうことは元より、濃厚接触者が出てしまうと自主隔離を行わなければならず多大な影響が出てしまいます。
濃厚接触者の定義や、取り扱いも日々変わっているので、ここで一旦整理しておきます。

スポンサーリンク

濃厚接触者の定義

濃厚接触者の定義をわかりやすくまとめてくれたチラシを入手しました。
チラシのソース元は、東京都保健福祉局です。
私の友人が福祉施設を運営している関係で、東京都から送られてきたとのことです。
この内容は福祉施設限定ではなく、一般的な濃厚接触者の定義になっています。

濃厚接触者となる1つ目の条件は、「陽性者の発症から2日前に遡って会っていた。」ということです。「陽性者が無症状の場合は、検査日から2日前に遡って会っていた。」になります。

2つ目の条件は、1m以内15分以上マスクなしの3つを同時に満たす場合が、濃厚接触者扱いになります。
裏を返せば、マスクをしていれば、1m以内、15分以上でも濃厚接触者になりませんし、マスクなしでも1m以上離れていれば、これまた濃厚接触者になりませんので、ここは非常に重要です。
通常、皆さんマスクをされているでしょうから、基本的には濃厚接触者に該当しませんが、会食なのでマスクを外していると途端に濃厚接触者になってしまう可能性が上がります。

ここではマスクの是非、会食の是非は問わないとして、現状のルールはこのようになっています。

なお、同居の家族が陽性となってしまった場合は、もれなく濃厚接触者になってしまいます。

スポンサーリンク

濃厚接触者に該当する場合

では濃厚接触者に該当した場合どうなるのか?
これも東京都保健福祉局からのチラシに書いてあります。

症状の有無に係らず、受診・PCR検査になります。
検査の結果、陽性の場合は医師の判断、陰性の場合は陽性者と最後に会った日を0日目として、7日間自主隔離になります。

自主隔離の期間が、直近で10日間から7日間に短縮されましたが、それでも7日間も出社できないのは、会社にとっては大きな痛手です。

濃厚接触者にならないために

オミクロン株の感染力を考慮すると、感染してしまうのは致し方ないことですが、濃厚接触者になることは免れることができます。
前述のマスクなし1m以内15分以上を避けるということです。
3つ全てを避ける必要はなく、どれか1つでも避ければ濃厚接触者に該当しません。

私の会社では、昨日、全社員に一斉通知をしたところです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました