速報!持続化給付金2回目 最大250万円を支給

経営全般

2021年11月10日に政府の経済対策の柱として検討している新たな給付金の具体案が発表されました。
内容的には、以前給付された持続化給付金に類似しています。
今後、詳細の内容が決まっていく予定ですが、速報としてわかっている範囲で概要をまとめてみました。

【追記】
2021年11月19日に給付金の名称が、事業復活支援金と発表されました。

スポンサーリンク

給付金の概要

給付金の目的

新型コロナウィルス感染症の影響を受けた中小企業・個人事業の事業継続を支援することを目的としています。

給付金の対象者

新型コロナウィルス感染症の影響で、売上が減少した中小企業・個人事業が対象となります。
具体的には、2021年11月から2022年3月までの5カ月間のうち、1カ月の売上が2019年又は2020年の同月と比較して30%以上減少していれば、5カ月間の売上減少額を一括給付されます。

なお、対象の地域や業種は問わない予定です。

給付金の上限額

年間の売上高で給付金の上限が決まる予定ですが、現在発表されているのは次の通りです。

  • 個人事業            50万円
  • 売上高1億円未満の中小企業  100万円
  • 売上高1億円以上の中小企業  150万円
  • 売上高5億円以上の中小企業  250万円
スポンサーリンク

まとめ

2021年11月11日時点で発表されている内容は以上になります。
今後、詳細が決まれば、経済産業省のホームページ等で公開されていくと思いますので、都度、このブログでも紹介していきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました