NextCloudを使って無料のクラウドを作ってみた!

WEBサービス

以前、Xserver Driveの無料プランを試してみたが、この時使われていたのがNextCloudでした。

今度は無料のスターサーバー(https://www.star.ne.jp/)に自分でNextCloudをインストールしてクラウドを作ってみることにしました。

【過去の記事】

スポンサーリンク

NextCloudとは

NextCloudは、DropBox、OneDrive、Googleドライブのようなオンラインストレージを構築できるソフトです。

ソフトはオープンソース無料)なので、多少のサーバーの知識があれば、サーバーの費用のみで構築することができます。

同様のソフトのOwnCloudから派生したものですが、現在ではNextCloudの方が開発が盛んで、プラグイン等も充実していることからNextCloudを利用するケースが多いようです。

スポンサーリンク

NextCloudのダウンロード

まずは、NextCloudの公式サイトからWeb installerをダウンロードしましょう。

公式サイトのトップページから、「Get NextCloud」のメニューから「Server Packages」をクリック

次にタグメニューの「Web installer」をクリック

1.Right-click here の「here」をクリックして、自分のパソコンの任意のフォルダに

setup-nextcloud.php」を保存する。

これで必要なファイルのダウンロードは終了です。

サーバーでデータベースの設定

今回はスターサーバーが提供している無料のスターサーバーフリーを利用していきます。

NextCloudのインストールには、MySQLが必須になるので、「フリーPHP+MySQL」プランを契約する必要があります。

容量は2GBしかありませんが、お試しで使ってみて良ければ、月額220円のライトプランで160GBに容量アップするのも良いかもしれません。

無料登録は画面の指示に沿って行えば問題なくできるので、省略します。

スターサーバーフリーの「フリーPHP+MySQL」プランに無料登録すると、「メンバー管理ツール」の「無料プラン管理」から「サーバー管理ツール」に入れます。

NextCloud用のデータベースを作成するので、左メニューの「データベース設定」をクリック

タグメニューの「MySQLユーザ設定」をクリック

MySQLユーザを追加します。

MySQLユーザ名とパスワードを入力して、「確認画面」をクリック

MySQLユーザ名とパスワードは任意で構いませんが、後で必要になるので必ずメモしておいてください。

「確定する」をクリック

これでMySQLユーザが追加されたので、次にMySQLを追加します。

タグメニューの「MySQL追加」をクリック

データベース名を入力して「確認画面」をクリック

データベース名も任意で構いませんが、後で必要になるので必ずメモしておいてください。

「確定する」をクリック

作ったデータベースの権限を追加したいので、「権限追加」をクリック

これでデーターベースの設定は完了です。

NextCloudをサーバーにアップロード

次に先程ダウンロードした 「setup-nextcloud.php」をサーバーにアップロードしていきます。

アップロードはどんな方法でも構いませんが、今回は引き続き「サーバー管理ツール」の「FTPアカウント設定」からアップロードします。

左メニューの「FTPアカウント設定」をクリック

「選択」をクリック

「ログイン」をクリック

ファイルマネージャーが開くので、「アップロード」をクリック

「ファイルを選択」から 「setup-nextcloud.php」 を選択して「アップロード」をクリック

これでアップロードは完了です。

NextCloudをインストール

いよいよNextCloudのインストールです。

ブラウザのアドレス入力欄に、 アップロードしたアドレス/setup-nextcloud.php を入力

今回は、「http://○○○.starfree.jp/setup-nextcloud.php」になります。

「Next」をクリック

setup-nextcloud.phpを置いてある直下に「nextcloud」と言うフォルダを作って、そこにインストールしたいので、「nextcloud」のまま「Next」をクリック

setup-nextcloud.phpを置いてあるところと同じ場所にインストールしたい場合は、「 . 」(ドットのみ)を入力して「Next」をクリック

問題なければ「Success」が表示されますが、「Next」をクリックせず一旦、ファイルマネージャーに戻ります。

上部メニューの「ルートフォルダへ」をクリック

インストールした「nextcloud」をクリック

「.htaccess」ファイルの編集アイコンをクリック

中身を全て削除して次の内容に置き換える

RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTP_USER_AGENT} DavClnt
RewriteRule ^$                    /remote.php/webdav/             [L,R=302]
RewriteRule .* – [env=HTTP_AUTHORIZATION:%{HTTP:Authorization}]
RewriteRule ^\.well-known/host-meta /public.php?service=host-meta [QSA,L]
RewriteRule ^\.well-known/host-meta\.json /public.php?service=host-meta-json [QSA,L]
RewriteRule ^\.well-known/webfinger /public.php?service=webfinger [QSA,L]
RewriteRule ^\.well-known/carddav /remote.php/dav/ [R=301,L]
RewriteRule ^\.well-known/caldav /remote.php/dav/ [R=301,L]
RewriteRule ^remote/(.*) remote.php [QSA,L]
RewriteRule ^(?:build|tests|config|lib|3rdparty|templates)/.* – [R=404,L]
RewriteCond %{REQUEST_URI} !^/\.well-known/(acme-challenge|pki-validation)/.*
RewriteRule ^(?:\.|autotest|occ|issue|indie|db_|console).* – [R=404,L]

ErrorDocument 403 //
ErrorDocument 404 //

「上書保存」をクリック

今回はお試しなので、元ファイルのバックアップは取っていませんが、心配な方はバックアップを「.htaccessold」等で取っておいたほうが良いかもしれません。

ここで先程インストールの途中だったブラウザに戻って、「Next」をクリック

標準だとデーターベースがSQLiteになっているので、「ストレージとデータベース」をクリック

上から順に入力していきます。

ユーザ名・パスワードは、このNextColudの管理者としてログインするためのものなので、先程のデータベースユーザ名とは別物で、任意で設定していただいて構いません。

データフォルダは、初期設定のままでOK

データベースは、MySQL/MariaDBを選択

データベースのユーザ名データベースのパスワード・データベース名は、先程データベースを作成した時のものを入力

一番下の「localhost」を、サーバー管理ツール>サーバー情報にあるMySQLホスト名をコピペ

推奨アプリをインストール」は必要ないのでチェックを外す

全て入力したら「セットアップを完了します」をクリック

ここで500エラーになった場合は、.htaccessファイルを先程やった通り、もう一度書き直してみてください。

1分程待つとNextCloudのダッシュボード画面が表示され、インストール完了となります。

まとめ

「.htaccess」ファイルを書き換えるところ以外は、悩まずにできるので、慣れていれば30分掛からずに設定できます。

無料プランだと容量が2GBしかないので、使い勝手を見て有料プランに切り替えたり、他のレンタルサーバーで運用すれば良いとお思います。

次回は、インストールしたNextCloudをいじってみます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました