パソコンのCPU性能の簡単な調べ方はPassMark

便利な小技

パソコンのCPU性能比較は、ベンチマークソフトを走らせて計測するのが一般的です。
この場合、手元にパソコンが無いとできませんし、時間も結構掛かってしまいます。
CPU性能だけであれば、PassMarkを使って簡易的に調べることができます。

スポンサーリンク

PassMarkとは

オーストラリアのシドニーに本社を置くPassMark®SoftwarePtyLtdがWEBで提供するCPUのベンチマークです。

https://www.passmark.com/

パソコンの性能はCPUだけではなく、グラフィックボード、メモリ、ハードディスク等々、様々な要因で決まるので一概には言えませんが、この要領で調べると、大まかなCPUの性能が簡単にわかるので、とても便利です。

スポンサーリンク

PassMarkの調べ方

PassMarkの調べ方は、とても簡単です。

  1. 調べたいCPUの型番を用意します。(例:core i7-11700)
  2. Googleで「CPUの型番 passmark」で検索します。(例:core i7-11700 passmark)
  3. 検索結果の「https://www.cpubenchmark.net/cpu」(通常は検索結果の一番上)をクリックします。
  4. 「Average CPU Mark」のスコアを見ます。(例ですと21,158

PassMarkスコアの目安

前述したとおりCPUだけではパソコンの性能を決めることができませんが、概ね下表を参考にしてもらえればよろしいかと思います。

PassMarkスコア性能の目安
19,000~全ての作業が快適にできます。
11,000~19,000動画編集・3Dゲームが快適にできます。
8,000~11,000オフィスなどは問題なく、動画編集や軽いゲームもできます。
5,000~8,000オフィスなどの一般作業は問題なくできます。
3,000~5,000オフィスなどの一般作業でストレスを感じることがあります。
~3,000軽い作業でも動作が遅くストレスを感じます。

オフィス等の事務用のパソコンであれば、スコアが5,000以上あれば十分です。
実際、私は動画編集やゲームはしないので、スコアが6,000位のパソコンを使っていますが、全くストレスはありません。

まとめ

パソコンを買い替える時などは、現在のパソコンのPassMarkスコアを確認した上で、買い替える予定のPassMarkスコアと比較するとわかりやすいと思います。
パソコンのCPUと言うと、初心者にはとっつきにくいですが、簡単にスコアを調べることができるので、試してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました