経営全般

経営全般

40歳以上の人が起業すると最大200万円もらえる助成金があった!

40歳以上の方で、近々に、起業を考えている方に朗報です! 最大で200万円もらえる中途採用等支援助成金(生涯現役起業支援コース)が厚生労働省から出ています。 起業時はどうしても資金が不足がちになるので、とてもありがたい制度です。
経営全般

2022年1月から領収書はどのように保存すればいいの?

2022年1月施行の電子帳簿保存法の改正 で、電子取引の領収書の取扱については、以前の記事で触れました。 タイムスタンプ以外の保存方法があるようなので、今回はその内容を記事にしていきます。
経営全般

2022年1月から領収書を保存しなくて良くなるの?

国税関係帳簿書類の保存は、これまでは紙文書での保存が義務付けられていましたが、2005年以降、電子化が推進され、ついに2022年1月施行の電子帳簿保存法の改正により、紙の領収書の電子化が簡単にできるようになります。
スポンサーリンク
経営全般

銀行との付き合い方が変わってきています!

多くの中小企業は銀行等の金融機関から融資を受けて成り立っているのが現状です。 私の会社も例外ではありません。 銀行ありきの経営ではありますが、昨今、銀行を取り巻く状況が大きく変わってきているので、私なりの銀行との付き合い方を綴ってみます。
経営全般

社内DXを見える化!無料のDXMAPを使ってみた!

最近DX(デジタルトランスフォーメーション)という言葉を聞くようになってきました。 そんな中、株式会社IT経営ワークスが、無料のバックオフィス最適化ツール「DXMAP」の提供を開始したので、早速使ってみました。
経営全般

中小企業のM&A支援機関の登録制度が始まりました!

近年、大企業を中心としたM&Aのニュースが毎日のように流れていますが、このM&Aは大企業に限ったことではありません。 私の会社のような中小企業にも、M&Aに関する封書やメールが山のように届いています。 現在のところ、私は会社を売却するつもりが毛頭ないので、中身を大して見ずにゴミ箱に捨ててしまっていますが、それだけM&A市場が活発化している証拠だと思います。
経営全般

銀行も納得!長期事業計画書の作成方法11(財務計画・貸借対照表)

バランスシート経営と言われて久しいですが、バランスシートの体質が良くなったかどうかが経営の最重要テーマになります。 利益は出たが、バランスシートが良くないというのは、優れた経営とは言えません。
経営全般

銀行も納得!長期事業計画書の作成方法10(金融費計画)

会社を経営していく上で必要な資金を金融機関から調達しなければならないことがあります。 金融機関から調達するのであれば、当然金利を払わなければなりません。 このシートでは、金利に対する対策は万全か、借入増加に伴う固定預金は大丈夫かなどを予めチェックしておく必要があります。
経営全般

銀行も納得!長期事業計画書の作成方法9(資金運用計画)

今回の資金運用計画は、実質キャッシュフロー計算書になります。 キャッシュフロー計算書と言えば、損益計算書と貸借対照表と共に、重要な書類の1つになります。
経営全般

銀行も納得!長期事業計画書の作成方法8(税金計画)

社長の思いを入れることができないのが税金です。 社長はこのマイナーチェンジに都度対応する必要はなく、細かい計算は税理士に任せておけば良いのですが、全く的はずれな税金計算をしてしまうと長期事業計画書の意味が無くなってしまうので、必要最低限のところだけ押さえておけばよいでしょう。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました