10年前のノートパソコンを社内ファイルサーバーに変えてみた!

便利な小技

皆さんの会社には、昔利用していた古いパソコンが余っていませんか。

私の会社でもご多分に漏れず、core2duo世代の古いノートパソコンが数台余っていました。

廃棄するのも勿体ないなぁと思い、何か良い再利用方法がないものかとググっていたところ、社内のファイルサーバーにするのであれば、高スペックの必要がないとのことだったので、早速ファイルサーバーに変えてみることにしました。

スポンサーリンク

ハードディスクの容量をUP

10年前のノートパソコンのため、ハードディスクの容量が80GBしかありませんでした。

社内の特定の人間しか使わないとはいえ、容量が80GBでは心許ないので、余っていた250GBのハードディスクに交換しました。

交換方法は、裏側のハードディスクの蓋を取って、交換するだけなので省略します。

スポンサーリンク

OSをelementaryOSに入替える

交換したハードディスクにはWindowsが入っていなかったのと、ファイルサーバーとして利用するのであればOSはLinuxの方が良さそうだったので、探してみました。

Ubuntu系のOSを利用したファイルサーバーの設定方法の情報がいくつかあったので、Ubuntu系のOSで選ぶことにしました。

候補は次の5つです。

  1. Ubuntu
  2. Linux Mint
  3. Pop! OS
  4. elementary OS
  5. Zorin OS

私はこの中から、次の理由でelementary OSを選択しました。

  1. 外観と操作感が気に入った。
  2. 余計なソフトが入っていない。

Linuxのインストール方法は、色々なブログで紹介されているので、ここでは省略します。

インストール後の各種設定

OS全体のアップデート

OSをインストール後、しばらく使っているとアップデートの通知が来るので、全てアップデートをする。

アップデート後は念のため再起動する。

「synaptic package manager」をインストール

「Appセンター」から、「synaptic package manager」をインストールする。

インストール後は必ず再起動する。

日本語入力のインストール

「synaptic package manager」を立ち上げ、ツールバーの「再読込」をクリックして最新の状態にする。

「検索」に「fcitx-mozc」を入力して、インストールする。

インストール後は必ず再起動する。

sambaをインストール

sambaとは、Windows PCとファイル共有を可能にするファイルサーバーのソフトだと思ってください。

これ以降は、ターミナルを立ち上げて操作していきます。

「 _ 」(アンダーバー)は、スペースの意味になります。

【システムを最新の状態にする。】
 sudo_apt_update
 (途中「y」を入力する。)

【sambaをインストールする。】
 sudo_apt_install_samba
 (途中「y」を入力する。)

【sambaのGUIツールをインストールする。】
 sudo_apt_install_system\-config-samba
 (途中「y」を入力する。)

【共有フォルダを作る。】
 sudo_mkdir_/home/共有フォルダ
 (ここでは、「共有フォルダ」と言う名称のフォルダを作りました。)
【共有フォルダのパーミッションを設定する。】
 sudo_chmod_777_/home/共有フォルダ
 (社内サーバーなので、777にしました。)
【confファイルを作る。】
 sudo_touch_/etc/libuser.conf
【confファイルのパーミッションを設定する。】
 sudo_chmod_777_/etc/libuser.conf
【system-config-samba を立ち上げる。】
 sudo_system-config-samba

system-config-sambaでsambaの設定

 「+:samba共有を作成」をクリック

   「基本」タブ

      ディレクトリ欄に「/home/共有フォルダ」(閲覧からクリックで選択する。)

     「書き込み可能」「可視」にチェックを入れる。

   「アクセス」タブ

     「誰でもアクセスを許可する」にチェックを入れて「OK」をクリックする。

   「プレファランス」タブ「サーバーの設定」

     「ワークグループ」欄にWindowsと同じ名称を入力して「OK」をクリックする。

固定IPアドレスの設定

「システム設定」「ネットワーク」「高度な設定」(右下)をクリックする。

  「IPv4のセッティング」タブをクリックする。

  

  「方式」を「手動」

  「アドレス」の「追加」をクリックする。

    「アドレス」 192.168.0.50(他で使っていない任意のIPアドレス)

    「ネットマスク」 255.255.255.0

    「ゲートウェイ」 192.168.0.1(ルーターのIPアドレス)

  「DNSサーバー」 192.168.0.1(ルーターのIPアドレス)

  「保存」をクリックする。

  「有線」のスイッチをOFF後、ONにして設定を反映させる。

Windows PCから操作

「エクスプローラー」の左メニュー「ネットワーク」を右クリックして、「ネットワークドライブの割  り当て」をクリックする。

   「ドライブ」欄はそのまま

   「フォルダー」欄に「¥¥192.168.0.50¥共有フォルダ」を入力して「完了」をクリック

      「サインイン時に再接続する。」にはチェックを入れたまま

      「別の資格・・・」にはチェックを入れない

これで、Windows PCからサーバーのフォルダを見ることができれば成功です!

まとめ

ノートパソコンなので、24時間稼働させるのは不安です。

そのため、会社に最初に出勤した社員が立ち上げて、最後に退社する社員がシャットダウンをするようにしています。

1年半位運用してみましたが、特別な不具合もなく順調に稼働しています。

今後の課題は、ファイルサーバーのバックアップをいかに取るかなので、良い方法が見つかったら実践してみます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました