シンプルなカレンダーUNICALEをサーバーにインストールしてみた!

パソコン

会社のスケジュール管理をWEB上で行うのに、何か良いものはないかと探していたところ、フリーソフトのUNICALE(ユニカレ)を見付けました。

早速、無料のスターサーバー(https://www.star.ne.jp/)にインストールして使ってみました。

スポンサーリンク

UNICALE(ユニカレ)とは

UNICALEとは、WEBベースのカレンダーシステムで、レンタルサーバーにインストールして使用します。

UNICALEの良いところ

  1. WEBベースなので、パソコン・スマホとインターネット環境があれば、どこからでも操作することができる。
  2. MySQL等のデータベースが不要で、PHPがさえ動作すれば動かすことができる。
  3. データベースが不要なため、動作が軽くて早い。
  4. 説明書が無くても操作が簡単に直感的にできる。
  5. サーバーの知識が多少でもあれば、簡単にインストールすることができる。

とにかく導入も運用も簡単なところが良いですね。

UNICALEの悪いところ

  1. サーバー初心者にはインストールが大きなハードルになってしまう。
  2. ログインIDとパスワードの設定がないため、URLがわかってしまえば誰でも見ることができてしまう。
  3. 細かい設定ができないため、大規模組織で利用するのには適していない。

ログインIDとパスワードは、BASIC認証を取り入れれば、簡易的ですが設定可能になります。

また、元々、小規模オフィスや家庭での使用を前提に開発されたソフトなので、大規模な組織での利用は想定されてません。

スポンサーリンク

サーバーへのインストール方法

公式サイトにも掲載されていますが、図解がないので簡単に紹介していきます。

UNICALEのzipファイルをダウンロード

公式サイトのダウンロードページから、zipファイル(unicale_329.zip)ダウンロードする。

zipファイルを解凍

unicale_329.zipを右クリックメニューから、すべて展開を選んで展開すると↓のようになります。

解凍してできたunicale_329フォルダの名称を、サーバーでアクセスしやすいフォルダ名に変更する。

この作業は必須ではないので、飛ばしていただいても結構です。

サーバーにアップロード

解凍したファイルをフォルダ(ここでは「calendar」)ごとサーバーにアップロードする。

今回は、スターサーバーの無料サーバーになるスターフリーに、FFFTPというソフトで行いました。

パーミッションの変更

次に、公式サイトでは、calendar/dataフォルダのパーミッションを「666」又は「777」に変更とあります。

スターサーバーのファイルマネージャーで、パーミッションを変更します。

dataフォルダの歯車をクリック。

出てきたパップアップウィンドウで、最初「666」で試しましたが、インストールに進まないので「777」で進めることにします。

同様にdataフォルダ内の3つのファイル(keiji.txt、install.php、index.php)のパーミッションも「777」に変更

ブラウザからインストール

これ以降はブラウザからインストール作業になります。

UNICALEのファイルをアップロードしたトップフォルダのindex.phpにアクセスする。

ここで言うと、http://○○○○.starfree.jp/calendar/index.phpになります。

「新規インストール」をクリック

一瞬でインストールが終わるので、「トップページへ」をクリック

インストール直後の画面になります。

下部メニューの設定・メンバー管理・カテゴリ管理で色々な設定ができます。

直感的な操作が可能なので、ここでの説明は省略します。

BASIC認証を導入

このままでも使用上は問題ありませんが、URLを知っている人は誰でも見ることができてしまうので、簡易的にはなりますが、BASIC認証を導入しておきます。

BASIC認証を導入すると、サイトを閲覧するのにIDとパスワードの入力が必要になります。

「.htaccess」ファイルの作成

「.htaccess」ファイルは、WEBサーバーの設定を記述するファイルになります。

まずはWindowsのメモ帳を開いて、下記の4行を入力して、「.htaccess」で保存してください。

3行目の” ”内は、各サーバーのフォルダ構成によって異なりますが、この後作成する「.htpasswd」ファイルを置くフォルダを記述します。

私は、「.htaccess」ファイルと同じフォルダに置きます。

「.htpasswd」ファイルの作成

「.htpasswd」ファイルは、ログインするためのIDとパスワードを記述します。

こちらもメモ帳で作成します。

記述はIDと暗号化されたパスワードの間に「:」(コロン)を入れるだけです。

ここでは、IDを「calen」、パスワードを「dar」として説明します。

まずは、こちら(https://www.luft.co.jp/cgi/htpasswd.php)のサイトでID「calen」とパスワード「dar」を入力して「生成」をクリック。

下部に「ID:暗号化されたパスワード」が出てくるのでコピー

コピーしたものをメモ帳に貼り付けて、「.htpasswd」で保存する。

「.htaccess」と「.htpasswd」をサーバーにアップロード

保存した「.htaccess」と「.htpasswd」をサーバーのcalendarフォルダにアップロードする。

UNICALEにアクセスし直す

UNICALEにアクセスし直すと認証画面になるので、先程設定した「calen」「dar」を入力するとログインできるようになります。

まとめ

データーベース不要で、インストールも比較的簡単なカレンダーでした。

私の会社では、部門ごとの簡単な予定表として使用していますが、今のところ全く問題なく非常に重宝しています。

その分、機能が限定的ではありますが、必要以上に多機能なソフトは却って使いづらいので、私的にはこれで十分だと思います。

興味がある方は、無料のレンタルサーバーにインストールできるので試してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました