社内コミュニケーションはLINE WORKSで問題ない!

経費削減

在宅ワーク化が加速する中、社内コミュニケーションツールは必須になってきています。

私の会社では、以前Talknoteを利用していましたが、2年程前からLINE WORKSに移行しました。

移行した理由や使い勝手等を紹介していきます。

スポンサーリンク

LINE WORKSとは

名前からもおわかりだと思いますが、LINEのビジネス版になります。

正式に言うとLINE WORKSを運営するのは、ワークスモバイルジャパン株式会社で、LINEとは兄弟会社の関係に当たります。

親会社はNAVERと言う韓国の企業になります。

スポンサーリンク

LINE WORKSに移行した理由

以前、利用していたTalknoteに問題があった訳ではなく、むしろ使い勝手はシンプルで大変気に入っており、5年以上利用していましたが、利用料の点だけが気になっておりました。

当時、私の会社が入っていたプランが、1ユーザー当たり月額580円(税別)だったと思います。

社員数が20名程おりましたので、税込みで月額12,000~13,000円程のコストが掛かっていました。

会社のコストとしてはいくらでもありませんが、2年前に会社の経費全体を見直すことになったのをきっかけに、色々な会社のサービスを検討した結果、LINE WORKSに変更することになりました。

LINE WORKSの料金プラン

LINE WORKSの料金プランは、下表の4プランに分かれていますが、結論から言うと私の会社ではフリープランで全く問題ありませんでした。

LINE WORKSのメリット

  1. 無料プランがある。
  2. 無料プランでもユーザー数100人まで対応している。
  3. スマホアプリがある。
  4. チャット以外の機能がたくさん付属している。

何と言っても、ユーザー数100人まで利用できて無料と言うのが良いですよね。

通常の中小企業であれば、ほとんどの会社が問題ないと思います。

LINE WORKSのデメリット

デメリットはあまり無いのですが、強いて上げるとすれば次の通りです。

  1. 親会社が韓国の企業なのでセキュリティ的に少し心配です。
  2. ストレージ容量が5GBと少なめである。

セキュリティに関しては心配が無い訳ではありませんが、日本人の多くが利用しているLINEも同様なので、あまり気にしないようにしています。

過去の記事で紹介した通りファイルサーバーを別で用意しているので、ストレージ容量が少ない件については、問題ないです。

LINE WORKSの使い勝手

私の会社で使っている機能は次の通りです。

  1. トーク ・・・ 社員間の連絡は、ほぼこちらでしています。
  2. ホーム ・・・ 掲示板として、社員全員に通知・連絡をする時に使用しています。
  3. カレンダー ・・・ 在宅ワークをしている社員のみ、勤務時間・業務内容を入力してもらっています。

上記以外にも、タスクやアンケート等の機能が付属していますが、今のところは利用していません。

個人でLINEをやられている方であれば、操作も説明書無しで直感的にできますし、スマホアプリも使いやすくて、凄く便利です。

まとめ

前述のトーク、ホーム、カレンダーの3つの機能だけで、以前使っていたTalknote同等以上の使い勝手で、しかも無料なので言うことありません。

年間で150,000円程度の経費削減になりました。

有料のサービスを利用している会社であれば、一度、利用していみることを強くお勧めします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました