社内DXを見える化!無料のDXMAPを使ってみた!

経営全般

最近DX(デジタルトランスフォーメーション)という言葉を聞くようになってきました。
そんな中、株式会社IT経営ワークスが、無料のバックオフィス最適化ツール「DXMAP」の提供を開始したので、早速使ってみました。

スポンサーリンク

DXとは

そもそもDX(デジタルトランスフォーメーション)とは何でしょうか?
デジタルトランスフォーメーションのという言葉は、スウェーデンのエリック・ストルターマン教授によって2004年に発表された論文中で提唱されたものです。
その概念は、「ITの浸透が、人々の生活をあらゆる面でより良い方向に変化させる」と定義されています。
なお、「DT」ではなく「DX」と表記されるのは、英語圏では「transformation」の「trans」を「X」と略し、「X-formation」とすることが一般的なためです。

スポンサーリンク

日本のDX

情報処理推進機構(IPA)では次のように定義しています。

IPAホームページからの抜粋

AI(人工知能)やIoTをはじめとする先端技術の活用によって企業のビジネスを変革し、デジタル時代にも勝ち残れるように自社の競争力を高めていくことを「デジタル・トランスフォーメーション(DX)」と呼ぶ。

難しく書かれていますが要約すると、「会社が生き残っていくためには、コンピュータをフルに活用していかなければいけませんよ。」ということではないでしょうか。
確かにその通りだと思います。

DXMAPとは

DXと言うと前述の通り、かなり広い範囲を含んでいますが、DXMAPはその内のバックオフィスに特化した見える化ツールになります。

https://dxmap.jp/

社内のデジタル化と簡単に言っても、様々な会社が様々なツールを用意していて、どこから手を付けいいのかわからないですよね。
そんな悩みを解決してくれるツールのようです。

自社ではどうにもならない場合は、専門家を用意しているので、いつでもご相談してくださいとなっています。
いくら考えても結論が出ず、進まないのであれば、専門家の意見を聞くのが手っ取り早くて良いと思います。

DXMAPに登録

無料で利用できるので、早速登録してみました。
まずは、【新規登録】をクリック

企業情報を入力して、【企業情報を登録する】をクリック
登録画面を見るとわかりますが、法人でないと登録できません。

この登録作業が終わると、登録したログインIDとパスワードで、すぐに管理画面にログインができるようになります。
登録時のDXMAPから営業等はないので安心してください。

DXMAPを使ってみる

ログイン画面でID・パスワードを入力して【ログイン】をクリック

ログインすると下のようなダッシュボードが表示されます。
ここで、左メニューの【バックオフィス管理】をクリック

下の青い四角は、私が試しにプランですが、最初は【新規作成】をクリック
プランが作成されたら、そのプランの【編集】をクリック

自社の実際に使用してるツールを順次入力していきます。

入力が終わると同じ画面の下部にマップが出来上がっています。
これを見ながら、どこの連携が足りていないのか等を見つけて検討していく流れになるんだと思います。

まとめ

自分ではデジタル化をかなり進めたと思っていましたが、こうして見える化してみると、まだまだ足りないところが沢山あるのがわかります。
在宅ワーク化を進めている関係で、まずは、労務管理と勤怠管理辺りから手を付けて行こうと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました