スポンサーリンク

2022年2月からゴールド免許のオンライン更新の試行開始

その他

2021年12月9日付けで、行政手続きのデジタル化の一環として、ゴールド免許(優良運転者)の運転免許更新講習について、2022年2月からオンライン講習の試行を開始すると警察庁から発表がありました。

スポンサーリンク

オンライン講習の詳細

2022年2月からの試行は、北海道千葉県京都府山口県の4道府県で行われます。
70歳未満マイナンバーカード保有者限定となります。

オンライン講習は、約30分の講習動画を各自のスマートフォンやパソコンで視聴する仕組みとなり、受講は24時間受講できるようになります。
オンライン講習を受講する人は、警察の専用サイトに接続した上で、本人確認をします。その時にマイナンバーカードが必須となります。
講習の動画は、早送りができない仕組みになっています。
また、講習の動画は三つに分かれ、それぞれに小テストが出題されます。不正解でも次に進めますが、なりすまし防止のため、各テストが終わるたびに自分の顔写真を撮影・送信しなければなりません。

オンライン講習終了後、免許の更新手続きをするには、今まで通り免許センターなどに出向く必要があります。
免許センターで警察職員がシステムに保存された受講情報や送信された顔写真を確認後、視力検査などをして新しい免許証が交付されるようになります。

スポンサーリンク

試行後の予定

警察庁では、4道府県の試行を約2年間で考えていて、試行の結果を検証した上で、2024年度末から全国で実施する方向で考えています。

まとめ

ゴールド免許限定の試行ではありますが、免許センターで無駄な時間を過ごさなくて良くなるのはありがたいことです。
最終的には免許の交付もオンライン化されることを切に願っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました