スポンサーリンク

リモートデスクトップはChromeを使うと簡単に実現できます!

便利な小技

在宅ワーク化で会社のパソコンを自宅で操作したいなど、リモートデスクトップの使用機会が増えてきています。
リモートデスクトップと聞くと、設定が大変で難しいのではと思ってしまいますが、ブラウザのChromeを使うと簡単に設定を行うことができます。

スポンサーリンク

Chromeリモートデスクトップの特徴

ChromeリモートデスクトップのHPには、以下の特徴が記載されています。

スポンサーリンク

Chromeリモートデスクトップの設定方法

リモートデスクトップは、以下の手順で設定しています。

  1. 操作される側のパソコン(ホストPC)のChromeで設定
  2. 操作する側のパソコン(クライアントPC)のChromeから接続

たったのこれだけです。
それでは早速、設定を行っていきましょう。

Googleアカウントが必須になりますのでご用意ください。

操作される側のパソコン(ホストPC)のChromeで設定

ホストPCのChromeから、Chromeリモートデスクトップ(https://remotedesktop.google.com)のページにアクセスして【パソコンにアクセス】をクリックします。

青い下矢印の【ダウンロード】ボタンをクリックします。

Chromeウエブストアが立ち上がるので【Chromeに追加】をクリックします。

ダウンロード先を聞かれるので任意のフォルダを指定します。
ダウンロードが完了すると、画面が変わりますので【同意してインストール】をクリックします。

任意のパソコンの名前を入力して【次へ】をクリックします。
パソコンの名前は後で変更することも可能です。

6桁以上のPINコードを入力して、クラッシュレポートはチェックを入れても入れなくてもどちらでも構いません。
最後に【起動】をクリックします。

【オンライン】になればホストPCの設定は完了です。

操作する側のパソコン(クライアントPC)のChromeから接続

クライアントPCのChromeをホストPCと同じGoogleアカウントで立ち上げて、Chromeリモートデスクトップのページ入ると、ホストPCが出てきているのでクリックします。

ホストPCで設定したPINコードを入力して右矢印をクリックします。

これだけで接続完了で、ホストPCのデスクトップ画面が現れます。
もちろん、クライアントPCからホストPCを操作することができます。

最後に注意点

Googleアカウントさえあれば、数分で設定を終えることができ、とても便利ですが注意点があります。

クライアントPCから電源をONにすることはできないので、ホストPCの電源が立ち上がっている必要があります。
ただし、クライアントPCからシャットダウンや再起動は可能です。

また、ネット接続が必要になります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました